鮨旅行記

2018年11月16日
Posted in blog
2018年11月16日 齋藤 隆志

鮨旅行記

jhaを兼ねて社員旅行に行かせていただいていました。ありがとうございました。

jhaのことは今年はまあ…って思う裏側?というかまあねw知ってる人は知ってるでしょうからそこは置いておいて

西村さんのスピーチ、神谷さんのスピーチ。ともに感動させていただき、そこは本当に素晴らしく、また来年も!!!!!と素直になりました。

素敵な感動するスピーチ、ありがとうござました!

 

さて、今回は社員旅行というのは名ばかりの

個人旅行w

鮨旅行記

 

3日連続お鮨を銀座にて食べてきました。

 

もちろんお鮨が好きなこともありますが、そこで感じれる所作、仕事っぷりなど非常に勉強になるので勉強です笑

 

1日目にお邪魔したのは
東京都中央区銀座8丁目18-16 にあります鮨 佐竹

 

こちらはインスタでフォローしております、鮨のインスタグラマー的な存在の方が絶賛されていたので行きました。

ネット予約ができ、(クレジットカード打つのでキャンセルしても大丈夫な仕組みが出来上がってるんでしょうね)

カウンターのみで8蓆のお店。

ランチが12000円、夜が25,000のコースのみ(税別飲み物別)

なのでまあビール4杯のんだので18000円ほどでした(税込)

 

だいたい、うちの広島店でカット、カラートリートメントやパーマトリートメントなどと同じぐらいのメインメニューの単価の感じ

 

そこで感じ取れるお仕事ということでやはり勉強になります

 

 

 

こちらのお店のシャリはかなり酢が際立つ感じ。今流行りの米酢と赤酢のブレンドでしょう。砂糖は使わないでやるらしく、非常に握りづらいシャリになってるのにこのスピードで握るっていうのがすごい。

とインスタグラマーのブログで読んでいたのでした笑

 

ウニイクラ丼、ノドグロ丼なども出てこの値段。

非常に仕入れのレベルも高い。(インスタグラマーのさかなちゃん曰く、この値段でこの仕入れは赤に近いのじゃないか?とのこと)

 

一つ一つの仕事を見ながらいい気持ちになり、美味しいお鮨を食べる。

 

幸せを感じながら、自分たちの仕事で考える。落とし込む。

コームスルーやコームが当たるタッチ、ハサミの入れる角度。誰かが気がついてくれるかもしれない、ほんのちょっとの差。そう言ったことにこだわれるか?こだわれないか?

 

気がつかなかったら意味がないじゃないか?っていうそんなレベルの話ではない。

だからどうした。っていうこだわり。

 

 

非常にカッコよく背筋を伸ばして仕事をしよう。

 

 

と思う1日目。

 

 

 

今日も頑張ります!!!!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。